About

物心が付く前から、絵をかくのが好き。

小さい頃から集団行動が苦手で、保育園から不登校気味になり、義務教育を受けずに育つ。

不登校は両親や家族に迷惑をかける、迷惑をかけてばかりな自分は生まれてくるべきではなかったと、自己肯定感や、存在意義が持てない幼少期を過ごすなか、好きで描き続けていた絵を家族が褒めてくれたことで、「こんな私でも絵を描くことで、誰かに喜んでもらえるのか」と思い始める。

この体験から徐々に、好きなことを好きなまま続けても良いのだ、と思えるようになり、より一層絵を描くことに集中するようになる。

その後、多くのご縁に恵まれ、展示会や、絵の販売をするようになり、日本国内に止まらず、イギリス、カナダ、オーストラリアでの絵の販売経験を有する。